DRIVEBOSSサービス開発

DRIVEBOSSサービスは、送迎・巡回業務を支援するクラウドサービスです。
日々の送迎・巡回の計画と送迎・巡回のルートを自動で立案し、Android・iOSスマートフォンを使用してドライバーへ案内します。
また、ドライバーの運転情報を可視化して業務の効率化と安全運転をサポートします。
NTTデータMSEは、このDRIVEBOSSサービスを実現するシステムを開発いたしました。

01

Background

背景

お客様の声をサービスに反映し価値拡大を図る

パナソニック カーエレクトロニクス株式会社(以降PCE)様のDRIVEBOSSサービスの事業推進は、利用者であるお客様に寄り添い、お客様の声をサービスに反映することでお客様価値の拡大を目指しています。
その実現に向けて、技術知見と開発スキルを有するパートナーと一丸となり、サービス開発力を底上げし、共に事業の拡大を目指したいと考えておられます。

02

What we did

MSEがやったこと

スマートフォンアプリと経路探索エンジンの開発

Google Mapアプリと連携して訪問先への経路案内できる機能のほかに、速度超過/急加速/急減速などをドライバーへ警告して安全運転を支援する機能など、ドライバーのために多数の機能を実装したAndroid版/iOS版スマートフォン向けのDRIVEBOSSアプリを開発しました。また、訪問先を最適に巡回するために、AIを活用した経路探索エンジンの開発を行いました。

03

Result

成果

介護現場の作業負荷を軽減と質の高いサービスの提供

人手の足りない通所介護(デイサービス)の現場で、大きな負担となっていた送迎業務をDRIVEBOSSサービスを通して、効率的な送迎計画を自動化して、道順の効率性やご利用者様同士の親密度、車椅子の必要など、さまざまな“人”の要素を加味した送迎業務を実施でき、大幅な効率化と働き方の改革を実現しました。また、施設ご利用者様の質の高いサービスをご提供することができました。

DRIVEBOSSサービス導入事例

お客様の声

パナソニック カーエレクトロニクス株式会社
DRIVEBOSSサービス開発責任者様

発注する側のサービスの開発・展開方針を理解してくれている

MSE様を選択した主な理由は、以下の3つになります。

・パナソニック オートモーティブシステムズ株式会社の車載機関係の開発パートナーであり、車両特有のノウハウを有していること
・スマートフォンアプリに関しても、NTTドコモ様のアプリ開発等、その経験が豊富であること
・なにより、DRIVEBOSSのサービス開発・展開にご理解を頂いていること

また、スマートフォンでは難しいと考えられていたテレマティクスサービス(とりわけドライバーの運転評価)の機能について、MSE様の車載器開発ノウハウにより、Android版に加えiOS版のアプリ開発も進み、DRIVEBOSS事業の幅の拡大が実現できました。
今後は、MSE様の協力のもと、スマートフォンアプリの開発をアジャイル型にしていきたいと考えています。お使いいただいたユーザー様の声に素早く対応し、機能改善や新しいサービスの提供を行うことで、引き続きユーザー様の業務効率化へ貢献していきたいと考えております。